環境低負荷/低コスト熱電変換モジュールの開発
~レアメタルを用いず低コストで熱電発電及び電子冷却が可能に!~
2022年提供開始を目指し開発中

「熱電変換モジュール」とは

電気を熱に、熱を電気に変換する”熱電変換材料”を活用した電子部品

熱電発電

熱(温度差)を電気に変換

熱電冷却

熱(温度差)を電気に変換

開発製品の特徴

従来技術

ビスマステルル系熱電変換材料を用いた電子冷却モジュール

課題

  1. 環境への配慮
    →構成材料であるビスマス、テルルはともにレアメタル
    →テルルの埋蔵量は4万トン以下
  2. 高コスト
    →モジュールの大半がテルルの価格
    →資源埋蔵地域に偏りがあり、価格の変動大
    →コストに見合った効果のある用途のみ利用
     (通信用半導体レーザーの温調等)

新技術

レアメタルを使わない原材料(マグネシウム、シリコン、スズ)を用いた電子冷却モジュール

特徴

  1. 豊富な材料が原料
    →構成材料であるマグネシウム、シリコン、スズはすべて一般的な元素
    →マグネシウムの埋蔵量は1800兆トン
  2. 低コスト
    →レアメタルフリーのため大幅コストダウン
    →世界中で採掘可能な原料で構成
    →従来では利用されていなかった分野の冷却方法として適用が可能

雷防護製品のセラミック製造技術を活用し、高性能材料を実現

利用分野

熱電冷却

  • 高性能プロセッサーの冷却
  • 通信用レーザーの温度調整
  • 熱中症対策

熱電発電

  • 焼却炉等の排熱を利用した発電
  • IoTセンサ等の独立電源

開発状況

2022年 モジュール実用化
2024年 事業化
材料、素材化、モジュールの開発を実施中

実用化/事業化の研究開発パートナーを随時募集しています。

研究開発拠点 金沢R&Dセンター

石川県金沢市鞍月2丁目1番地 
石川県工業試験場5F インキュベータ2
平成28年2月1日 設立


実用化/事業化の研究開発パートナーを随時募集しております。お気軽にお問い合わせ下さい。